[MX-201707]マガジンX 2017年7月号 ニューモデルマガジンX

第2世代SKYACTIVの次にやってくるマツダEV戦略
レンジエクステンダーも用意
大丈夫か?ホンダ2030年ビジョン
新世代プラットフォームとエンジン採用して
18年秋から量産 レクサスUX250h
13ページ総力レポート 上海モーターショー
2カ月後に国内デビュー NEWシビック
SUVの分野にもコンプリートカー投入 エクストレイルNISMO
13年ぶりに国内復活 ハイラックス
3列シート版が透けて見えた レクサスRXロング
9月12日発表に先がけて早出し ランドクルーザープラド
海外直送!輸入車ナマ写真も続々
BMW・X2、レンジローバー、ジャガーEペース etc
-------------------------------------------------------------
A. スマートフォンで閲覧でEPUB形式
商品の特徴
・容量が軽いので、ダウンロードが容易となっております。
・拡大が2段階なので、文字が読みにくい場合がございます。

B. スマートフォンで閲覧でPDF形式で閲覧の場合(ファイルが4種類になります)
商品の特徴
・データが重いので、3ファイルに分割しております。
・ファイルのダウンロードにお時間がかかりますので、LAN環境推奨。
・指で拡大ができるので、細かな文字が読む事が可能です。

C. PCやiPad等のスマートフォン以外での閲覧の場合(PDF形式のみ)
商品の特徴
・画面の拡大が可能です。
・画面が大きいので、小さな文字も読みやすくなっております。
-------------------------------------------------------------
※雑誌の購入をご希望の方は『雑誌(紙)』を選択の上ご購入下さい。

24時間を目安とし、お客様へ電子書籍のダウンロードURLを記したご案内メールを送付させていただきます。

※24時間以内はあくまでも目安となり、ご案内のメール送信が前後する場合が御座いますので予め
ご理解・ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

【ご注意!!】
■■Gメール/各携帯キャリアメールにてご案内メールの送信先をご登録戴いたお客様へ■■
近年、電子書籍ダウンロードを記したご案内メールを受け取れない等のお問い合せが御座います。
上記の症状としまして迷惑メールフィルタ設定/迷惑メールフォルダ等への振り分けが考えられます。
メールアドレスが「@mag-x.com」のメールアドレスにて送信されますので、
ご購入前に予め受信・フィルタリング設定をご確認戴きます様お願い申し上げます。

※2日間程経っても受信が確認出来ない場合はお問い合せ下さい。
電子書籍専用Gメールにて改めてご案内をお送りさせて戴きます。


  • NEW
  • オススメ
商品コード:
販売価格(税込) 650 円
関連カテゴリ:

マガジンX 各月号

商品
機種
個  数

カゴに入れる

トヨタと水面下でEV開発進めるマツダ

SUVに不向きな純EVにスバルは興味なし!?

 マツダがトヨタとEV(電気自動車)を共同開発している。両社ともEVブームとは一定の距離を置いてきたが、アメリカでの燃費&ZEV(ゼロ・エミッション・ビークル)規制に加え、深刻な大気汚染に悩む中国政府が「新エネルギー車」としてEVの普及に力を入れ始めたことを踏まえ、開発や量産コストを分担しながらEVをラインナップに加えることにした。マツダはアクセラ級のCセグメント車で実現する模様だ。
 両社は15年5月に包括提携に向けた覚書に調印。これまでトヨタがハイブリッド技術をマツダにライセンス供与したり、メキシコ産のマツダ2をトヨタにOEM供給してきた関係をさらに発展させる方針を明らかにしていた。しか
し、覚書の調印から2年が経った現在でも目に見えるカタチでの成果は出ていない。もっとも、マツダの小飼雅道CEOは当時「あまり短期的な成果を求めていない」と語ったため、基礎研究からコネクティッドカーなどの先端分野、あるいは人材育成やクルマづくりのあり方など、じっくりと腰を据えて協業領域を見定めているようだ。

今月号目次

目次

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む