[MX-201603]マガジンX 2016年3月号 ニューモデルマガジンX

フィット直3ターボ
電動技術に頼らず34km/L達成
2019年デビュー予定の4代目には
新開発プラットフォームも!
2021年にエンジン50pxアップ
2022年にはオープン仕様を追加
NSXを待ち受ける「明」と「暗」
メルセデスベンツEクラスや
レクサスLC500が初登場
デトロイトショー速報
GT-R・2017年モデルを分析
TNGAシャシー&エンジン採用
セダン離れしたフォルムに大変身
カムリ2.5L直4ターボ
ダウンサイジング過給搭載に期待
マツダスピードCX-5
リダクションギアが4段式に進化
トヨタ新世代FRハイブリッド
好景気に湧くアメリカ向け専売者が元気
AT多段化で驚きの10速へ
北米向けオデッセイ
ビッグチェンジで大整形
USカローラ
-------------------------------------------------------------
A. スマートフォンで閲覧でEPUB形式
商品の特徴
・容量が軽いので、ダウンロードが容易となっております。
・拡大が2段階なので、文字が読みにくい場合がございます。

B. スマートフォンで閲覧でPDF形式で閲覧の場合(ファイルが4種類になります)
商品の特徴
・データが重いので、3ファイルに分割しております。
・ファイルのダウンロードにお時間がかかりますので、LAN環境推奨。
・指で拡大ができるので、細かな文字が読む事が可能です。

C. PCやiPad等のスマートフォン以外での閲覧の場合(PDF形式のみ)
商品の特徴
・画面の拡大が可能です。
・画面が大きいので、小さな文字も読みやすくなっております。
-------------------------------------------------------------
※雑誌の購入をご希望の方は『雑誌(紙)』を選択の上ご購入下さい。

24時間を目安とし、お客様へ電子書籍のダウンロードURLを記したご案内メールを送付させていただきます。

※24時間以内はあくまでも目安となり、ご案内のメール送信が前後する場合が御座いますので予め
ご理解・ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

【ご注意!!】
■■Gメール/各携帯キャリアメールにてご案内メールの送信先をご登録戴いたお客様へ■■
近年、電子書籍ダウンロードを記したご案内メールを受け取れない等のお問い合せが御座います。
上記の症状としまして迷惑メールフィルタ設定/迷惑メールフォルダ等への振り分けが考えられます。
メールアドレスが「@mag-x.com」のメールアドレスにて送信されますので、
ご購入前に予め受信・フィルタリング設定をご確認戴きます様お願い申し上げます。

※2日間程経っても受信が確認出来ない場合はお問い合せ下さい。
電子書籍専用Gメールにて改めてご案内をお送りさせて戴きます。


  • NEW
  • オススメ
商品コード:
販売価格(税込) 607 円
関連カテゴリ:

マガジンX 各月号

商品
機種
個  数

カゴに入れる

ホンダ鋭意開発中のダウンサイジング直3ターボは次期フィットに初搭載

2モーター式i - MMDでHVの目標燃費は43?/L

 現行フィットは2017年に予定されているマイナーチェンジを経て19年にも4代目にバトンタッチを果たす見通しだ。過去に報じたように、マイナーチェンジではエンジンに改良が施されて燃費アップが図られる計画だが、ここでは次期モデルの概要をいち早くお伝えしたい。
 新しいシャシーの起用と並んで、次期フィットで大きなニュースとして見逃せないのがホンダ初の1L直3ターボ(コードネームAP7)搭載だ。同ユニットの開発に関しては公言済みだが、搭載車種は明らかにされていない。そんなおり、調査を続けていたスクープ班が次期フィットへの直3ターボ搭載をキャッチ。年内に登場する次期フリードに搭載か!?とのウワサもあったが、前号で報じたとおり、21年のマイナーチェンジまで与えられない。それよりも
先、19年に現れる次期フィットで初お目見えするというワケだ。

今月号目次

目次

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む